安全への取り組み

辻原総業株式会社は、安全への取り組みにも常に万全の体制で臨んでおります。

労働安全衛生方針

基本理念

当社は「人間尊重」の原点にたち、全ての作業場における労働災害並びに公衆災害を防止することが、企業存立の要件でありかつ社会的責任であるとの認識のもとに、労働安全衛生マネジメントシステムを展開してリスクの確実な低減に取り組み、職員、作業員の安全と健康を確保し、快適な作業環境の形成に努める。

実施事項

  1. 建設工事及び関連の活動において、労働安全衛生リスクの性質や規模に見合った危険源を特定し、リスクアセスメント、リスク管理を推進して、労働災害並びに公衆災害を防止する。
  2. 安全衛生活動を効果的かつ効率的に実施するために、労働安全衛生マネジメントシステムは定期的に見直して、適切性及び有効性を確実にし、継続的に改善する。
  3. 適用される安全衛生法令、社内規定及びその他の安全衛生の要求事項を順守し、定められた安全ルールを確実に実行する。
  4. 安全衛生管理方針及び目標を含む安全衛生管理計画は、文書化し、定期的に確認し、 必要な場合に改訂又は修正をする。
  5. 職員、作業員及び協力業者に対し、労働安全衛生に対する責務を自覚させるために、 安全衛生管理方針及び目標を含む安全衛生管理計画を周知する。
  6. 安全衛生管理方針は、当社の労働安全衛生活動に関わりがある利害関係者の求めに応じて、 必要な場合開示する。

安全施工サイクル

安全第一の理念に基づき、安全対策に取り組む中で安全施工サイクルが確立し、日々安全施工を行うとともに、安全施工サイクルでのコミュニケーションにより様々なアイデアが生まれ、環境やコンプライアンス、CSRやコスト削減等新たな課題に取り組んでいます。

PLAN

  • 安全周知会
  • 安全作業計画
  • 安全作業指示
  • 安全改善計画

DO

  • 送り出し安全教育
  • 朝礼
  • 作業前安全ミーティング
  • 施工

CHECK

  • 自主安全パトロール
  • ヒヤリハット
  • 職長会議

ACTION

  • 安全対策会議
  • 講習会
  • 研修会
  • 安全協力会
フォローする